名前: 湯浅 チカ子
趣味・特技:
占い・料理・旅行
好きな食べ物:
とうがらし系の辛い料理
マイブーム:
インテリア 輸入雑貨
性格:
ポジティブ!?前向きを心掛けています。おっちょこちょい。世話好き。
座右の銘:
「為せば成る」祖母の口癖でした。一生懸命にやればなんとか出来るという教え。
視聴者にメッセージ:
いつもテレビをご覧いただき、ありがとうございます。
夢ネットのキャスターとして、自分らしく笑顔で話題をお届けしていきます!!
これからも頑張りますので、応援よろしくお願い致します。

名前: LiLica*
趣味・特技:
音楽鑑賞(コンサート、ライブなど)、エレクトーン
好きな食べ物:
からあげ、いちご、アイス、スイーツ全般
マイブーム:
白くまアイス
性格:
基本的にはのんびり・おっとりしていますが、意外に頑固な面があります。
座右の銘:
一期一会、試練は乗り越えられない人に襲いかかりはしない。
視聴者にメッセージ:
みなさん、はじめまして!まだまだ慣れない新人ですが、雲南の様々な情報をみなさんに明るくさわやかにお伝えできるように頑張ります。
どうぞよろしくお願い致します。たくさんの魅力がつまった雲南をみなさん一緒に盛り上げていきましょう!

名前: 佐藤 夕子
趣味・特技:
舞台観劇、水泳
好きな食べ物:
パスタ、白米
マイブーム:
時代劇
性格:
細やかとはいえません
座右の銘:
取らぬ狸の皮算用・塞翁が馬
視聴者にメッセージ:
自然があふれ、人のあたたかい飯南町が大好きです。
これからも町の魅力をお伝えしていきます。

名前: 高田 さゆり
趣味・特技:
演劇鑑賞・映画鑑賞
好きな食べ物:
パスタ料理
マイブーム:
きれいな景色を見に行くドライブ
性格:
おっとり・笑い上戸
座右の銘:
雨は同じ雨でも、降る場所によって音を変える
視聴者にメッセージ:
明るく楽しい番組作りを目指します!

2016年05月22日 22時14分

佐藤夕子

みなさん、こんばんは♪。



朝晩はまだ寒いのに、


日中は初夏の風を感じる日もありますね。


私はこたつを片付け、部屋に夏用のラグマットを敷きました。


ようやくお部屋の衣替えです。




さて、こんかいの「い~なん☆お店情報」は、



「野花の咲く宿 若林」です。





「野花の咲く宿 若林」は、

宿泊をして、

飯南町の魅力を体験できるツーリズムの宿です。




(若林からの眺めです。)

 

1日ひと組限定で、


宿泊を前提とした予約を受けていて、



滞在中には、


例えば、こんにゃくを作ったり、山菜を採りに行ったり、料理をしたり、


田舎暮らしを体験できるのが特徴です。




私は若林さんに、タキナ(ウワバミソウ)の


浅漬けを体験させていただきました。




(野花の咲く宿 若林 若林文子さん。優しいお母さんです♪)




(写真右が タキナの浅漬けです。)



水の綺麗いな、山の中にあるタキナ。


粘り気があって、とても美味しかったです




体験内容その他、詳しくは下記まで。

予約をして、ぜひ泊りにお出かけください。



「野花の咲く宿 若林」(のばなのさくやどわかばやし)
頓原1141-1
0854-72-0304

民泊体験料 7,500円(宿泊・朝食つき)

営業
年末年始を除く
※要予約









2016年05月11日 23時18分

佐藤夕子

みなさん、こんにちは☆。


新緑も美しい、さわやかな季節を迎えましたね


お出かけするにも最適な季節です。




さて、今回ご紹介するお店は、

「琴引ビレッジ山荘 食堂」です♪。


「琴引ビレッジ山荘 食堂」は、

山荘の宿泊者はもちろん、

誰でも、いつでも、自由に利用できるアットホームな食堂です。


予約をすると三瓶山が眺められるお部屋で

食事をすることもできます。
 

 




(窓からの眺めです。三瓶山は雨のため見えませんでした


 

メニューは地元食材を使った定食を中心に、

丼ぶりや、麺類の単品メニューが揃います。



こちらは「春の松花堂弁当」(★¥1500.要予約・4名~)です。






彩り豊かな、栄養満点、美味しいお弁当には、


山荘近くで取れた、

タラの芽やユキノシタの天婦羅も入っていました。







大満足のメニューでしたよ~♪♪。




これからの季節は、登山される方の利用が増えるそうですよ。


ぜひ立ち寄ってみてください。



 

「琴引ビレッジ山荘 食堂」
佐見1199-3
0854-72-1035

営業時間 
平日17:00~20:30(オーダーストップ20:00)
休日昼12:00~14:00
  夜17:00~20:30(オーダーストップ20:00)



 

 

前のページ  次のページ